FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 11. 02  
ずっと気になっていた映画「みんなの学校」を見てきました。
不登校も特別支援学級もない、同じ教室で一緒に学ぶふつうの公立小学校のドキュメンタリーです。

たいへんすばらしい作品でした。
学校の日常を描いているのですが、社会の在り方に大きな問いを投げかける強いメッセージにあふれています。
これは地域づくりの映画です。
学校教育だとか、生涯学習だとか、地域づくりだとか、人権教育だとか、
さまざまな概念が社会にあふれていますが、
この映画に出てくる学校は、すべての概念を包含したテーマで運営されている気がしました。

多様性を認めながら、どうやったらすべての人びとが笑顔で暮らせるのか。
この映画は教えてくれます。


各地で自主上映が開催されているようです。
ぜひみなさん見てみてください。

みんなの学校
スポンサーサイト
NEXT Entry
屋台で学ぶ
NEW Topics
講演会のおしらせ
論文が掲載されました
不甲斐なさ
講演チラシ
ジオパーク活動に参考になる文献資料
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

k.yuhora

Author:k.yuhora
琉球大学(学士)→筑波大学(修士)→北海道大学(博士)と北上してきました。
北大院生時代は、南幌町で離農した一軒家をお借りして、ミツバチと四季を感じながら暮らしていました。高知県室戸市の室戸ジオパーク推進協議会地理専門員を経て、現在、徳山大学経済学部准教授として働いております。

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。