FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 09. 06  
高知市立中央公民館事業
【第76期】高知市民の大学
「高知の地域力―人と自然と風土を生かす―」
という連続講座のなかで、小生が講義をします。

平成26年10月10日(金)18時30分~20時
「地域課題解決の道具としてのジオパーク実践」
会場:高知市文化プラザかるぽーと 11階大講義室

ジオパークでは4年ごとの再審査があります。
人の活動が重要視されるためです。
岩がスゴイだけではないのが、ジオパーク実践のおもしろいところであり、たいへんなところです。

行政だけがやっていてもダメ。
地域住民によるボトムアップの運営が求められます。
ジオパークって地球と人が共存できる社会を本気で模索していくプログラムだからです。

室戸ジオパークは、何がスゴイかよくわからないと言われることが多いですが、
この講演では、室戸ジオパークの岩のスゴさをわかりやすく説明する予定です。
(ちょっとした実験もするかもしれません)

全体的には岩の話よりも、地域づくりの話が中心になると思います。
このブログで書いているような、私なりの高知(室戸?高知県東部?)活性化の問題点と打開策もお話ししたいと思っています。

「楽しい講演」にしたいと思っていますので、お時間ある方は是非お越しください。


詳細は、下記をご覧ください。
http://www.bunkaplaza.or.jp/jishu/14/daigaku/1402.html
スポンサーサイト
NEXT Entry
世界ジオパークの国際ユネスコ会議に参加しています
NEW Topics
講演会のおしらせ
論文が掲載されました
不甲斐なさ
講演チラシ
ジオパーク活動に参考になる文献資料
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

k.yuhora

Author:k.yuhora
琉球大学(学士)→筑波大学(修士)→北海道大学(博士)と北上してきました。
北大院生時代は、南幌町で離農した一軒家をお借りして、ミツバチと四季を感じながら暮らしていました。高知県室戸市の室戸ジオパーク推進協議会地理専門員を経て、現在、徳山大学経済学部准教授として働いております。

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。