FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 15  
このところ室戸市民にむけたメッセージ的書き込みばかりしていますが、
きょうもそんな視点で、思いついたことを書き込んでみます。

室戸の人たちは、少し室戸以外(高知以外)を体験してもいいかと思います。
全国にはさまざまな習慣や文化があります。
それをもう少し五感で体験することも必要かと…。

なんでそんなことを言うか。
それは、外を知ることで、自分たち室戸のよいところ、わるいところに気付く必要がある気がするからです。

「百聞は一見に如かず」です。

と、そんなことを言うと、金がないから行けるわけがないと、みなさん言うでしょ…。
しかし目まぐるしく変化する現代社会、
多少の面倒さを我慢すれば、意外と全国各地に格安で行けるんです。

わたしの場合、気が向いたときにあちこち出かけるのがライフワーク?ですから、
常に効率の良い移動手段情報を収集しています。

今日はそんな情報をお送りしましょう。
題して「室戸からこれだけ安く行ける全国各地!」

室戸から県外に行く場合、
高知龍馬空港から飛行機というのが、一般的な発想でしょう。
しかし、高知からの路線はどれも割高。。。
どうしても高知から飛行機を使う必要がある場合、私がいつもチェックするのは、
ANAやJALのHPで検索・購入できるパッケージツアーです。

ANAの場合だと、予約のトップページに、航空券+宿泊(旅作)を選ぶ場所があります。
JALだと、同じく予約のトップページに、航空券+ホテル(ダイナミックパッケージ)を選ぶ場所があります。
そこで検索すると、時期によっては安いプランを見つけられることがあります。
宿も、好きなところを選べるから使い勝手がいいです。

高知県外に安くいく方法としては、
高知からバスという方法があります。

たとえば東京。
よく知られているのは、JR四国バスのドリーム高知号

しかし最近は、ツアー型の格安バスという選択肢があります。
これだと、日によりますが、片道5900円程度で東京まで行けます。

しかし、高知発の飛行機やバスは、行き先が限られてしまいます。
そこでわたしがよく利用するのは、関西空港や神戸空港です。
最近話題のLCC(ローコストキャリア・格安航空会社のこと)が飛んでいるからです。

特に利用価値が高いのは関空。
関空からは、たくさんのLCCが就航しているので使わない手はないです。
詳細→関空のLCC
たとえば、関空~成田がジェットスターで片道3000円台というときもあります…。

神戸空港からは、スカイマークが比較的安く利用できます。
就航先は、札幌、茨城、成田、羽田、長崎、熊本、鹿児島、沖縄。
これもチェックする価値はあります。

で、ここからが重要なんですが、
関空、神戸空港まで、室戸からどうやって安くいくかが大問題なのです。

わたしの場合、以下の方法をとっています。

関空へは…、
・室戸→(自家用車)→徳島港(駐車場無料)→(南海フェリー)→和歌山港→(南海電鉄)→関空
このルートで絶対に利用すべきは、「好きっぷ2000」です。
期間限定ですが、徳島港から関空まで2000円で行けます。
安いと思います。フェリーの中で横になれるのもいいし…。

神戸空港へは…、
・室戸→(自家用車)→高松港(駐車場無料)→(ジャンボフェリー)→神戸港→(ポートライナー)→神戸空港
このルートでおいしいのは、ジャンボフェリーが安いこと、そして夜行便があること。
仕事終わってから、高速(ETC通勤割などを利用)で高松港まで飛ばしていき、深夜1時の便に乗ると、早朝5時に神戸港につきます。そこからポートライナーに乗ればすぐ神戸空港。朝一のスカイマーク札幌便なんかに乗れます。
体力的には結構ハードですけど、安く済みます(苦笑)。

どうですか?
室戸の皆さん、いろいろ出かけてみませんか~?
(もっと安く行ける方法があれば、教えてくださいね~)
スポンサーサイト
NEXT Entry
これ!ジオパークの歌です!!
NEW Topics
講演会のおしらせ
論文が掲載されました
不甲斐なさ
講演チラシ
ジオパーク活動に参考になる文献資料
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

k.yuhora

Author:k.yuhora
琉球大学(学士)→筑波大学(修士)→北海道大学(博士)と北上してきました。
北大院生時代は、南幌町で離農した一軒家をお借りして、ミツバチと四季を感じながら暮らしていました。高知県室戸市の室戸ジオパーク推進協議会地理専門員を経て、現在、徳山大学経済学部准教授として働いております。

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。